ニュースレターを二次利用する5つの方法

一度送付したニュースレター、もう使い道がないとしたらもったいないですよね。安心してください。送付済みのニュースレター、使い道は5つもあります。

  1. 新規客に配布する
  2. 小冊子にして配る
  3. 電子書籍にして販売する
  4. ホームページに乗せる
  5. SNSに載せる

では、一つずつ説明します。

1. 新規客に配布する

初来店のお客さんには、直近のニュースレターを渡すようにしてください。どんなものが送られてくるのかを見せておくことで、翌月届いた際の開封率が上がりますし、初来店から人間関係を作り始めることができます。

2. 小冊子にして配る

1の強化版です。1年分のニュースレターを一冊の冊子にして配るのです。または、一部抜粋してまとめた冊子でもOKです。情報量が多いため、お店のこと、スタッフのことがより伝わります。一年分の冊子をもらったら、お客さんもお店の本気度が伝わりますね。

3. 電子書籍にして売る

電子書籍は、誰でも出版できます。
髪に関する役立ち情報をまとめて出版してもいいですね。バカ売れすることはないと思いますが、それでも多少の収益にはなりますし、一種の話題にもなります。電子書籍を出版している美容室も珍しいため、一度取り組んでみると面白いでしょう。

4. ホームページ(SNS)に載せる

ニュースレター発送後、ホームページにもアップしましょう。ホームページからお客さんを大切にしている感が出て、集客にも寄与します。注意点として、ホームページに載せるのは、発送して3日ほど経ってからにしましょう。やはり、最初に目にして欲しいのは、既存のお客さんですからね。行き届いた後に、ネット上に公開しましょう。

5. SNSに載せる

SNSにも載せれば、お店のCMにもなります。作っている過程を載せるのも面白いですよ。お客さんと繋がっているなら、コメントも入るはずです。ただし、先ほどと同じように、お客さんにニュースレターが届いてから載せるようにしましょう。この点、忘れないようにしてくださいね。
関連記事:美容室はブログよりも、FacebookとInstagramを始めなさい



よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容師向けのニュースレターを7年間発行。美容師と一緒にパーマ液を開発したり、大々的なイベントをしたりと、ニュースレターの力を肌で感じてきました。私が培ったニュースレターのノウハウや考え方を提供し、ニュースレター発行のお手伝いをしています。

コメント

コメントする