嫌われるニュースレターの特徴5選

ニュースレターは、やり方を間違えると嫌われます。どんなものが嫌われるのか、早速解説していきましょう。

  1. ニュースレター内でセールスをする
  2. ニュースレター内で悪口・批判を書く
  3. ニュースレター内で政治の話をする
  4. ニュースレターをホチキス止めしている
  5. 宛名ラベルが剥がしづらくい

1、ニュースレター内でセールスをする

ニュースレターは、お客さんの教育をする場なのですが、ここで売り込んみをしてはいけません。この匙加減は、少し慣れが必要です。特にクロージングで使われる文言は、ニュースレター内で書かないようにします。たとえば、「限定◯個」とか「価格は〜〜円」といったクロージング部分は書かないようにしてください。また、「買ってください」的な表現もです。

商品の売り込みは、同封させたセールスレターで行います。ニュースレターでは、「詳しくはセールスレターをご覧ください」と誘導するだけに留めましょう。セールスレターの書き方については、こちらの記事で詳しく解説しています。
関連記事:美容室の店販商品がバカ売れする、セールスレターの書き方

2、ニュースレター内で悪口・批判を書く

悪口・批判といったネガティブな話題は避けてください。たとえば、世の中で起きた殺人事件や芸能人の不倫などです。

世間的に注目を浴びているニュースだろうが、ニュースレターでは扱わないようにします。何かしらオチをつけて、笑いネタに昇華しようと試みても、理解できる人と理解できない人がいるため、やらないのが無難です。他人の悪口を書くよりも、自分の失敗談を書いたほうがずっとウケます。

3、ニュースレター内で政治の話をする

政治の話は、どの政党を推しても、批判しても、いいことはありません。
SNSが発達してから、政治思想の違いによる分断が起きています。SNSでは、政治思想が違う人を罵ったり、見下したりして思想が合う者同士固まります。

こういった事象は、昔はありませんでした。政治思想が違っても、こんなに人を見下すことはなかったのです。SNSの負の部分です。時代の背景を考えても、政治的発言はしないほうが無難です。それよりも、好きなアニメの話をしてください。

4、ニュースレターをホチキス止めしている

ニュースレターは紙ですが、ホチキスの芯は鉄です。捨てる際、分別しなくてはいけません。お客さんからしたらストレスになるため、ニュースレターはホチキス(芯)を使わずに、「A3サイズ折り」にして送るようにしましょう。同封するセールスレターも同じようにするか、芯なしホチキスで止めて送るようにします。
関連記事:嫌われるニュースレターの特徴5選

5、宛名ラベルが剥がしづらい

個人情報に神経を尖らせている人は、郵送物を捨てる際、宛名ラベルを剥がすか、スタンプを押して名前を消したりします。剥がす人だと、宛名ラベルはストレスになります。紙の封筒にラベルが貼られたものは剥がしづらいからです。一方、OPP(クリスタルパック)に貼られていると剥がれやすいです。
関連記事:ニュースレターの発送業務、印刷から封入までを簡略化する方法

以上、嫌われるニュースレターの特徴5選でした。ニュースレターを発行する際には、気をつけてくださいね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容師向けのニュースレターを7年間発行。美容師と一緒にパーマ液を開発したり、大々的なイベントをしたりと、ニュースレターの力を肌で感じてきました。私が培ったニュースレターのノウハウや考え方を提供し、ニュースレター発行のお手伝いをしています。

コメント

コメントする